NPO法人 日本スクールコーチ協会の『コーチ養成講座』は、人の人生に関わるコーチとしての

「在り方」と「対話力」を重視しています。

21世紀必須スキルである、当協会のコーチングプログラムは、

人間についての本質的な理解に基づいたコミュニケーションを、スキルで体感し、

心理学や脳科学の理論で腑に落としながらトレーニングをしていきます

 

元々は青少年に対してのきめ細やかなコーチングプログラムなので、

相手に対してより繊細で丁寧に対話するスキルや在り方に特徴があります。

人との対話が幸せのトップの条件です。コーチングを身に付けてより豊かな人生を!!

 

 

このような方にお勧めです!

    職場での信頼関係構築人材育成、リーダーに必要な能力を高めたい!

 青少年の能力や、やる気を引き出したい!

 将来の独立や副業を視野に入れて資格を持ちたい。

 プロコーチとして、クライアントが望む人生を達成するサポートをしたい!

 家族の会話が増え、子どもがのびのび、パートナーとも仲良く、

         愉しい生活がしたい!

  プライベートで友人との豊かな人間関係を築きたい!

 自分自身の望む人生を達成したい!

人によって、この講座の活かし方は様々。活かし方は、あなたが決めてください。

 

 

当講座は、コーチングを体験的に習得する(10日間)、オンライントレーニング(3回)、

プロコーチからコーチングを受ける(8回)、コーチングを行う(4人×6回)のトレーニングで

構成されているプログラムです。

 

*当講座は2013年より、ICF(国際コーチ連盟)に認定されている世界水準のプログラムです。

 

なぜ今、コーチングが、必要とされるのか?

ICT(情報通信技術)時代の到来以降、BD(ビッグデータ)、AI(人工知能)等の発展により世界の経済活動は様変わりし、私たちは、これまでの仕事観を変えざるを得ない状況に立たされています。

 

企業のグローバル化、人手不足による外国人労働者の雇用拡大等に伴って、短期間で仕事内容が変わる、

相手にする人が変わる等、変化適応力を求められる機会がますます増えていくことが考えられるにも関わらず

私たちは、変化適応力を高める訓練をほとんど受けてきていません。

 

変化に対応するしっかりした基礎・基本があれば、それを状況に合わせて使いこなすことができ、いかに複雑に見える変化がおきても、余裕をもって対応することが可能となります。

 

これまで関わりが少なかった他の職業分野はもちろんのこと、国や民族を越えて、多種多様な人々と新たな情報通信技術や人口知能を使いこなしていくことが求められるでしょう。

 

その担い手はやはり「人間」であることはこれからも永遠に変わることはありません。

 

 

そのような未来社会だからこそ、人間について本質的に理解し、社会の変化に柔軟に対応するために不可欠な、人と人をつなぐコミュニケーションについて、理論とスキルが体系的に組み立てられている「コーチング」

身につける必要があると考えています。

 

「コーチング」はこの十数年の間に、ビジネス領域に限らず人間の成長に関わる様々な場面で役に立つことが

実証されてきました。

 

当協会では、教育現場での成果を基に、子育てにも応用できるコーチングメソッドも提供しています。当協会の講師や会員の方々は、ビジネスのみならず、親子関係や夫婦関係のコミュニケーションにもコーチングを活用して、豊かな信頼関係を築くことに成功しています。

 

コーチ養成講座の概要

10日間の集合講座、オンライン講座、コーチングを受けるコーチングを行う、修了試験の5つのブロックで構成されています。

 

 

 集合講座全10日間
3時間×20コマ(60時間) 

10:00~17:00

 

 オンライン講座
 オリエンテーション 60分
電話トレーニング 60分×3回 
 スキルアップトレーニング  60分×2回/月(自由参加) 

 

実践講座
 コーチングを受ける  50分×8回
コーチングを行う 50分×6回×クライアント4人

 

 修了試験
筆記・実技

 

 

集合講座(全10日間)のカリキュラム

1日目 コーチングベーシック ―― コーチングを知り、その有用性を実感する

・コーチングとはどういうものか、その本質に迫る

・コミュニケーションを支える言葉と信頼関係

・コーチングの基本スキル

・コーチング実践の流れ

 

2日目 コミュニケーションと人間理解 ―― 人間の本質と繋げて

コミュニケーションを理解する

・人間の脳の基本的な働き・・基本特性と個別プログラム

・人間の世界の受け取り方・・事実と解釈

・コミュニケーションの傾向と識別ツール

・意識の階層(ニューロロジカルレベル)

・価値観の影響

 

3日目 コーチングの3大スキル ―― スキルの本質を理解し使う

・「傾聴」の本質と実践

・「承認」の本質と実践

・「質問」の本質と実践

 

4日目 1.コーチングセッションの進め方 ―― 1対1のコーチング実践する

              ・コーチングフローに沿ったセッション

     2.自己基盤に目を向ける ―― コーチのあり方を整える

・「未完了」「妥協」と向き合う

 

5日目  コーチの在り方と自己基盤 ―― 自分を構成するプログムを知る

・自己基盤を整え、強化するとは

・ニュートラルな状態

・自分の価値観とその影響を知る

・自分のニーズとその影響を知る

・アサーティブコミュニケーションの意味と実践

 

6日目 コーチングの効果を高めるスキル ―― 3大スキル以外のスキルとその効果を学ぶ

・チャンク(物事の抽象化と具体化)

・ニューロロジカルレベルの活用

・キーワードメッセージ

・フィードバック

・YouメッセージとIメッセージ

・リフレーム

 

7日目 コーチングエクササイズ ―― コーチングを行う

・倫理規定の確認

・ゴール設定の実践

・コーチングフローの意識的活用

・コーチングにおける自分の強みと課題を知る

 

8日目 人間の発達と自己理解―― 人間の発達段階、成長プロセスから自己理解を深める

・人間の発達段階とその意味

・少年から大人への激動期としての思春期の特徴的変化

・アイデンティティーの確立へ向かう青年期の特徴的変化

・自分自身を成長プロセスから理解する

 

9日目 ライフデザイン・キャリアコーチング―― 「望む人生を生きる」をコーチングする

・「生きること」と「仕事を問うこと」をサポートする

・相手(クライアント)が自分を知るためのコーチからの働きかけ

・相手(クライアント)が将来像を描くためのコーチからの働きかけ

・コーチに求められる自己基盤

・ライフデザイン・キャリアコーチングの実践

 

10日目 コーチング実践に向けて ―― 国際基準に則ったコーチングを実践する

・コーチの倫理規定の理解とチエック

・効果的なコミュニケーションについての実践とチエック

・学びと結果を促進させることについての実践とチエック

・コーチング実践に向けての自分の課題を知る

・自分や他人のコーチングを、コーチ、クライアント、オブザーバーの3つの視点で捉える

・インテークセッションと、その継続セッションの実践

 

資格の発行について

コーチ養成講座の修了試験に合格すると、日本スクールコーチ協会認定コーチの資格を取得できます。

また、ICF(国際コーチ連盟)のACSTHの修了証も取得できます。

ICF認定資格をご希望の方には、サポート体制が整っているので安心して資格申請ができます。

 

 

講座受講者の5大特典

  1. 養成講座受講中から支部開催の勉強会・セミナーに会員価格で参加できます。
  2. 養成講座試験合格者は、養成講座のサポーターとして講座に参加できます。
  3. 養成講座修了者は、月2回のオンライン「スキルアップトレーニング」に参加できます。
    (年間20回 税込10.800円)
  4. 養成講座修了者は、個人コーチングを会員価格で受けることができます。
  5. 養成講座修了者は、専科トレーニングが会員価格で受講できます。

 

コーチ養成講座の特徴

 少人数で主体的な学び

主体的な学びを重視するため、受講者を12人以下としています。キャリアを重ねたトップコーチ陣が

メイン講師を努め、更に、ベテランコーチがフルサポートします。

 

 NPOだからこそできる価格設定

営利を目的としないNPO法人なので、受講料を相場の半額以下に設定することができました。

 

 国際コーチ連盟の資格取得のサポートを行います

 

 人間理解を深め、人間力を高めます

脳の仕組み、コミュニケーションの仕組みなど脳の特性を知ることで、自分のことも理解できるように

なります。更に、コーチングがなぜ機能するのかなども、根本から理解できるようになります。

 

 ビジネスの向上を目指します

当協会のコーチングを身につけることで、コミュニケーションがよりスムーズになり、あらゆるビジネスシーンで効果的に仕事を進めることができるようになります。

 

 教育支援・サポートができるようになります

成長過程にある青少年の教育は、総合的な人間力とアプローチの幅が求められます。

コーチングで身につけたスキルが子どもを教育する上でカギになります。

 

 講座終了後のサポート体制が整っています

コーチ・講師として活躍するための専科トレーニングがあり、学んだことを維持、向上するために

活用して頂けます。希望者には独立に向けたサポートがあります。

 

コーチ養成講座を実際に受講された方の感想

 

小松さやか・プロコーチ

 

私は、コーチとして独立した後にこのプログラムを受けました。まず最初に、丁寧に作られたカリキュラム・テキストに感動しました。国際コーチ連盟のトレーニング基準を満たしているクオリティの高いカリキュラムと、経験豊富な複数の講師の方々から基礎をしっかり学べるようになっているところは、様々なコーチ養成機関がある中でも他に類を見ないでしょう。

 

さらに全体を通して、コーチとしてのスキル・あり方はもちろんのこと、「人間とは?」について深く学ぶことができます。NLPを土台にした人間理解のプログラムは、仕事で人と関わる全ての人に学んで欲しいプログラムだと感じました。

 

 

宮城義隆・中学教諭

 

今から7,8年前、ある言葉が私の目に飛び込んできました。「普通の教師は言わなければいけないことを喋る。良い教師は生徒に分かるように解説する。優れた教師は、自らやってみせる。そして、本当に偉大な教師は、生徒の心に火をつける。」教師として15年以上がたち、自分なりの教師としてのスタイルに自信を持ち始めていた私にとっては、刺激的な言葉でした。私は「生徒の心に火をつける」教師になっているのだろうか?

 

そんなとき、「コーチング」と出会いました。「コーチング」とは「能力を引き出し、自発的な行動につなげ、持続させるためのサポート」とありました。これはまさしく、「偉大な教師」になるために必要な技法ではないかと。それから、日本スクールコーチ協会沖縄支部の門を叩き、コーチングを学び始め、現在も電話トレーニングや講師の登壇トレーニングなど、様々な学びを継続しているところです。

 

ところで、コーチングを学び始め、日常生活の中で変化したことが2つあります。1つめはコーチングの3本柱の1つである「傾聴」することが、日々の生活の中で自然にできるようになってきたことです。すると不思議なことに生徒とだけではなく、他の職員や家族との関係が良くなってきました。

 

2つめは基礎コースで学んだ「自己基盤」を整えることを、意識するようになったことです。自分自身の心の安定が、周りの人を安心させ、それが「信頼関係」の構築につながっているようです。

 

これからの私の目標は、私自身がコーチとしてのあり方やスキルを高め続け、生徒に質の高いコーチングやコーチング的な関わりを提供することです。

 

もう1つは1人でも多くの教育関係者にコーチングの良さを広めていくことです。そうすることが沖縄のより良い未来を担う、人材育成に繋がっていくことを信じています。

 

 

須藤美帆・ピアノ教師

 

幼児期の息子の子育てに困り果てて救いを求めた大量の子育て本の中で救世主のように出逢ったのがコーチングでした。 コーチングを知ったからといって子育てが劇的に変わるようなことがあったわけではなく、日常に追われ問題を抱えながら葛藤と格闘の日々でした。 それからもうすぐ10年。 私を困らせ続けた息子は中学生、思春期バリバリのティーンエイジャーです。 相変わらずなところも残しつつも、とても協力的で頼りになる存在に成長しています。

 

今ではコーチングに興味を持って、私の知らぬ間に本を読んではコーチングについて語ってき ます(笑) 子育てにコーチングを活かせるようになるまでは時間もかかりました。 「まずはよく話を聴こう。」 「怒る代わりに質問してみよう。」 冷静になれる時だけ限定で、1つずつ、少しずつ、 学んだことを試してみるうちに、だんだんと子どもとのやり取りがコーチ的になり、 お互いに自分の考えを持ちながら協調できる関係になってきたように感じます。

 

仕事の現場では、学んでから早い時期にすんなりと活かせるようになりました。 ピアノを教えていますが、発達・性格・状況に合わせた 相手にとって受け取りやすい言葉がけをするように心がけることで 一方的な教え方でなく、双方で一緒に考えるレッスンになっています。 ピアノをより音楽的に弾けるようにするためにティーチをすることは必須ですが、 生徒や保護者との関わりではコーチとティーチを必要に応じて使い分けています。

 

様々なコーチ養成機関がある中で、講座内容のクオリティに客観的な根拠を求めて国際コーチ 連盟のトレーニング基準を満たしているものというのも選択の基準となりました。
「なかなかいい選択をしたものだ」と、数年前の自分を褒めているのですが、 ここで学ぶ私にだからこそ出来る活動を広げていきたいとも思っています。

 

コーチ養成講座日程

オリエンテーション  2018年7月28日(土)21:00~22:00  オンライン

講座名 日程
1日目 2018年8月5日(日)
2日目 2018年8月19日(日)
3日目 2018年9月2日(日)
4日目 2018年9月16日(日)
5日目 2018年10月7日(日)
6日目 2018年10月21日(日)
7日目 2018年11月4日(日)
8日目 2018年11月18日(日)
9日目 2018年12月2日(日)
10日目 2018年12月16日(日)

 

時間:10:00~17:00

会場:明大前駅(東京都)

講師:三好智玄・間宮歌子・玉垣賢一・内田美樹・尾崎郁子

 

受講料

○10日間の集合講座 (60時間)
○3回の電話トレーニング (60分×3回)
○8回の個人セッション (60分×6回)
○スキルアップトレーニング (60分×2回/月 )*自由参加
○会員入会金・初年度の年会費

 

¥390,000(税込¥421,200)
*ICFの資格取得希望者の方の個人コーチングは別メニューになります。
(分割払いご希望の方はyousei.div@jscoach.comまでご相談ください。)

 

再受講について

受講中やむを得ず欠席する場合は、次回の講座を無料で補講できます。1クラス(3時間)を1時間以上欠席された場合は再受講となります。

 

*欠席された方で、資格を早く取得したい方には、有料補講も可能です。

 

受講費の返金について

入金後、お客様のご都合によりキャンセルされる場合は、当協会事務局にご連絡ください。

事務局メール:info@jscoach.com

 

下記所定のキャンセル料と振込手数料を差し引いた金額を返金致します。

 

2週間前まで無料

2週間前から前日まで20%

コース開催初日以降 全額

 

コーチ養成講座

お申込みはこちら

お問い合わせはこちら

 

講師・コーチ紹介

http://www.jscoach.com/mainContents/Coach.html

 

日本スクールコーチ協会

住所:東京都港区南青山2丁目2番15号 ウィン青山1403
mail:info@jscoach.com